銀行カードローン メリット

MENU

銀行カードローンで借入るメリット

お金の借り入れ先としては銀行や消費者金融がポピュラーですね。どちらンもメリットとデメリットがありますが、ここでは銀行カードローンで借入するメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

 

銀行カードローンで借り入れをするメリットの一つは銀行のローンなので安心感があるということですね。騙されたりする心配がありませんし、仮に何かトラブルがあったとしてもきちんと対応してもらえます。消費者金融の場合、大手や中堅の消費者金融から借入するなら安心ですが、小規模の消費者金融だと闇金もあるのでちょっと心配です。

 

銀行カードローンで借り入れをするもう一つのメリットは、消費者金融からの借入に比べると金利が低いということです。たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックの金利は4.6〜14.6%りそな銀行カードローンBIGの金利は、年4.0〜14.0%、三井住友銀行のカードローンの金利は年利4.0%〜14.5%でという感じです。それに対して消費者金融の金利はアイフルが4.5% 〜 18.0%、プロミスは4.5% 〜 17.8%アコムは4.7% 〜 18.0%です。限度額が低く設定された場合、金利は高くなるので銀行なら14.5%程度、消費者金融なら 18.0%になります。これだと銀行のカードローンで借り入れした方が断然、返済負担を減らすことができますね。

 

ピンク銀行

銀行カードローンで借入をする3番目のメリットは、提出書類が少なくて済むということです。消費者金融は総量規制の対象になっているので1社からの借入金が50万円を超えるか他社との借入金の合計が100万円を超える場合は本人確認書類のほかに収入証明書の提出が必要になります。銀行カードローンなら100万円あるいは200万円を超えなければ収入証明書の提出は必要ありません。銀行によっては限度額が300万円を超えなければ収入証明書を提出しなくてもよいことになっています。また、専業主婦が消費者金融から借り入れをする場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になりますが、銀行カードローンで借り入れする場合は本人確認書類だけで契約ができます。ですから、ご主人に内緒でも借り入れができるわけです。それから、銀行カードローンは総量規制の対象になっていないので年収の3分の1までしか借り入れができないという制限もメリットのひとつです。

 

銀行カードローンにはたくさんのメリットがありますが、デメリットは審査が消費者金融に比べると厳しいということでしょう。即日融資に対応していないカードローンもまだまだたくさんあります。即日融資対応であっても、実際には即日借り入れができなかったというケースもあります。消費者金融から借入するか銀行カードローンで借り入れるかはメリットとデメリットを十分比較して決めてくださいね。