信用情報機関

MENU

お金の借入と信用情報機関について

カードローンを利用している方も少なくないと思います。中には複数社からの借り入れがある方もおられるでしょう。お金を借入るときには、審査がありますが、この審査に大きく影響しているのが信用情報機関に登録されている個人信用情報です。

 

オフィス街

信用情報機関にはCICやJICC、全国個人信用情報センターがあります。各金融機関はこれらいずれかの信用情報機関の会員になっていて、消費者からクレジットカードあるいはカードローンの借入の申込みがあると、自分が会員になっている信用情報機関に連絡してその人の信用情報を確認します。CICの会員になっているのは信販会社、クレジット会社、保証会社、消費者金融などでJICCの会員になっているのは消費者金融が多くそのほかクレジット会社も会員になっています。全国個人信用情報センターの会員になっていうのは銀行や信用金庫、農業協同組合、銀行系クレジット会社などです。銀行では全国個人信用情報センターだけでなくCICやJICCの会員になっていることも多いので、ここに問い合わせれば借り入れ申し込み者のクレジットカードの利用状況やカードローンの借入状況も把握できるようになっています。

 

信用情報機関に登録される信用情報というのは、氏名、生年月日、郵便番号、電話番号、住所、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等のほかに、借入等に申し込んだときの内容、契約した内容、毎月の支払状況、債務整理や延滞の状況等です。カードローンに借り入れの申し込みをしただけでも登録され6か月間は保管されます。ですから、短期間に次々と借り入れの申し込みをすると、よほどお金に困っているとみなされいわゆる「申し込みブラック」の状態になり、借り入れは難しくなります。任意整理、民事再生、自己破産の記録も登録され5年間は保管されるのでその間に借入の申込みをしても審査に通るのは難しくなります。自己破産の記録は全国個人信用情報センターの場合、10年間保管されます。自己破産等の債務整理の記録が残っていると、銀行のカードローンに借り入れの申込みをしても、まず借入はできません。

 

カードローンだと、ネット上で申し込みから契約までできるので借り入れが非常に簡単ですが、返済は簡単ではありません。安易に借入をして返済できなくなり、信用情報機関に不利な記録が登録されると、その後の新の借り入れに影響が出ますので、借入の前にはよく返済シミュレーションをして、返済能力の範囲内で借入れるようにしてくださいね。また、現在借り入れを検討している方で、自分の信用情報に何が登録されているのか心配な場合は信用情報機関に申し込みをすると、自分の信用情報を開示してもらうことができます。詳しくは、信用情報機関のホームページで確認してくださいね。