カードローン 借入 提出書類

MENU

カードローンで借入するときの提出書類

金融機関からスムーズにお金を借入れるには、借り入れの申込みの前に必要書類を確認し不備のないように揃えておく必要があります。カードローンで借入をする際に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか?

 

運転免許

まず、本人確認書類が必要になります。これは、借り入れの申込みをして仮審査に通ったらファクスやメールで送ります。本人確認書類として提出できるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。いずれも、本人の名前を現住所が確認できるものでなければいけません。金融機関によっては、現住所と書類上の住所が違っている場合は公共料金の領収書などを一緒に送付すればOKのところもあります。借り入れの申込みの前に確認してくださいね。それから、借入の申し込み方法によっては、運転免許証のみ受け付けてもらえるという場合もあるのでこれも確認したうえで申し込む必要があります。

 

また、借入金額や限度額によっては収入証明書の提出が必要になる場合もあります。収入証明書として提出できるのは、源泉徴収票や給与明細書です。銀行カードローンで借り入れる場合は借入の限度額が100万円あるいは200万円を超えなければ収入証明書の提出は必要ありません。中には300万円を超えなければ必要ないというカードローンもあります。これに対して消費者金融の場合は、1社からの借り入れが50万円を超える場合は、あるいは2社以上からの借り入れの合計が100万円を超える場合も収入証明書の提出が必要になります。専業主婦が消費者金融から借り入れる場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になります。ですから、専業主婦が消費者金融から借入をする場合はご主人に内緒では借りられません。また、学生が学生ローンで借入れる場合は、学生証の提示が求められます。

 

カードローンで借り入れするときの提出書類はとても大切で、これに不備があると審査が滞ったり審査に落ちることもあります。申し込み用紙も提出書類の一つですが、記載に間違いがあるとやはり審査に影響し借入ができなくなります。ですから、申し込み用紙にも正確にまた虚偽のないように記入してください。とくに、借り入れ件数、借入残高の総額などは正直に書きましょう。嘘を書いても、金融機関は信用情報機関に借り入れ申し込み者の信用情報を照会し、借入状況を確認するのですぐにわかってしまいます。嘘がわかれば審査には通りませんので、注意してくださいね。